mealcraft coffee blog - ミールクラフトのコーヒーブログ

越後妻有、新潟県十日町市にあるスペシャルティコーヒー豆専門店『ミールクラフト』のコーヒーブログです。

新発田商業高等学校様のフェアトレード・ドリップバッグ「ロロサエコーヒー」

f:id:mealcraft:20170903113622j:plain
知恵を出し合った商品を紹介する新発田商高商業クラブ3年生=新発田市 / 新潟日報

『フェアトレード製品知って 新発田商高生が焼き菓子販売』2017/07/14 新潟日報

新潟県新発田商業高等学校様の『ロロサエコーヒー』

それは今年の春のことでした。
新発田商業高等学校の商業クラブ担当の先生からご一報を頂きました。
今年度の活動のテーマとしてフェアトレードに注目し、情報収集されている中でコーヒー豆に辿り、様々なご紹介やご縁で…、ミールクラフトへお声掛けをいただきました。

そして『フェアトレード商品を作りたい』ということで、先生と生徒さんが遠路はるばる店舗までご来店してくださったのです!

まず「フェアトレード」とは?という事でしたので、コーヒーに関するフェアトレードの実態をじっくりと、セミナー並みの情報のボリュームでレクチャーさせて頂きました。 商業の勉強として、「フェアトレード」に注目されたのは素晴らしいと思いました。

ミールクラフトではフェアトレードだけではなく、サステイナブルであることも注力しておりますので、良質で美味しい、価値ある商品作りをしていただきたい。今回はNPO法人ピースウィンズジャパンが支援している「東ティモール」のフェアトレードコーヒーをご提案させていただきました。過去ミールクラフトでもスポットでご紹介したこともある産地で、スペシャルティコーヒーレベルの香味を楽しめるコーヒー豆です。

そして出来上がったのが『ロロサエコーヒー』です。
商品名やラベルは生徒さんによるもの。東ティモールについてよく調べてくれたネーミング&パッケージであるのが嬉しいですね!このドリップバッグコーヒーからフェアトレードについて関心をもっていただく啓蒙活動も合わせてされています。また、続々と新しい商品作りもされていて、それがまた生産者〜消費者の立場を考えているところが素晴らしいのです!改めて、私達も勉強させて頂いています。

イベントなども積極的に参加されていていますので、是非手にとって味わって頂けると嬉しいです。ロロサエコーヒーを飲んで、美味しいなぁと思っていただけたら…、少し産地のことに想いを巡らせて頂けますように…。


フェアトレード」とは?
Wikipediaでは「発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動である。」とされています。
様々な考え方や視点があります。簡単に言葉にまとめることは難しいのですが、今回は調達・焙煎したコーヒー豆のフェアトレード団体のホームページをリンクさせて頂きますね。ご参考までに…!

peace-winds.org