mealcraft coffee blog - ミールクラフトのコーヒーブログ

越後妻有、新潟県十日町市にあるスペシャルティコーヒー豆専門店『ミールクラフト』のコーヒーブログです。

インドネシア・マンデリンが新しくなりました!

インドネシア産"マンデリン"。
スマトラ島のリントンとアチェの限定地域で生産されたコーヒー豆で、その個性豊かな風味は、当店でも人気の銘柄です。

珈琲屋さんでも取り扱っているところが多くメジャーな銘柄だと思うのですが、マンデリンと言ってもお店によって表現の仕方(焙煎)も違うし、品質も実はG1(グレードワン)といっても大きな差があるほど…。生豆の見極めもとても重要になります。

ミールクラフトでは、マンデリンの風味を綺麗に表現できる豆を使用したいと、日本に輸入されている中でも最高品質の豆を厳選しています。土っぽさや雑味が少なく、マンデリンの華やかな香りが際立っているものを目指しています。
ここ数年は"ビンタン・リマ"が定番として落ち着いておりましたが、最近入荷した新豆マンデリンで良い豆を見つけましたので、今回はそちらをご紹介致します。

***


インドネシア「ミルキーマンデリン」(深煎り)10/11クロップ


ミルキーと呼ばれるのは、脱穀した生豆の水分含有量が高く豆が白っぽい事からこのように呼ばれているそうです。その後、乾燥して、丁寧にハンドピック。
このようにスマトラ式に精製されたミルキーマンデリンは、ピカピカのグリーンビーンズ♪
(写真だと、ちょっと白っぽく見えますが…(^_^; 綺麗な緑色です★)

そして一番の注目は、単一品種!
「ティピカ種100%」だと言う事。

味わいがより統一され、綺麗な風味が楽しめます。
柔らかく整った印象。
後味の柑橘のイメージは…ビンタンリマがオレンジだったら、ミルキーマンデリンは…温州ミカン?酸味がまろやかです。

新しいマンデリン、どうぞ宜しくお願いします(^^)